地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

ロイヤルロード銀座

春のユーラシア大陸横断 説明会開催
春のユーラシア大陸横断 説明会開催
募集開始!

新ユーラシア大陸横断バスの旅へようこそ!! 2018年3月30日発 春のユーラシア大陸横断 55日間 コース詳細 今後のツアー予定
過去のツアーレポート

西安からローマへ
春のユーラシア大陸横断 説明会開催
(予約制)
2017年12月20日(水)/2018年1月17日(水) 14:30〜16:30ロイヤルロード銀座サロンにて

説明会参加のお申込みは 03-6731-7672
※個別のご相談も承ります。お気軽にお電話ください。

旅行代金/ツアーの特徴/利用ホテル一覧

シルクロードを陸路で走破!春の新ユーラシア大陸横断 11,000km 36日間バスと鉄道の旅
ツアーの特徴

利用ホテル一覧

各地のスタンダードクラスが中心となります。ホテル名が併記してある場合、いずれかのホテルとなります(指定はできません)。ホテルのお部屋は、バスタブ無し、シャワーのみとなる場合があります。詳細は出発前にお渡しする「旅のしおり」でご案内します。
ユーラシア大陸横断/旅のアドバイス

※ご参加のお客様には、旅のしおり(旅行準備編)にて旅の準備、現地事情の詳細をご案内いたします。
 各タイトルをクリックすると詳細をご覧いただけます

●ご旅行日程について

中国西安を起点に、中央アジア(カザフスタン、キルギス、ウズベキスタン、トルクメニスタン)、イラン、トルコを走破し、ギリシャを経て、中欧(マケドニア、アルバニア、モンテネグロ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、クロアチア、スロベニア)を通過し、イタリアはローマに至る15カ国、15,000kmのバス旅行(一部鉄道の区間を含む)です。 予測し得ない事情(国境の閉鎖、治安の悪化、道路工事、自然現象など)により、一部コース変更、日程の変更(観光箇所の変更、目的地滞在時間の短縮など)が生じる可能性がありますので、予めご了承ください。一部の区間を除いて、道路は舗装されています。長期のバス旅行のため、できるだけゆっくりできるように、現地53泊中、16都市(32泊)が連泊です。

●気候について

本ツアーは酷暑・極寒の時期を避けて設定をしています。春は花の季節。各地で色とりどりの花と出会うことができるでしょう。気温は4月初めに通過する中国でも、平均10〜20℃(砂漠地域を除く)と旅行に適した季節です。それでも高度や緯度、地形に差があるため、暑さや雪に見舞われることもあるかもしれません。本ツアーで通過する前半部分(イランまで)は、基本的に雨が少なく乾燥しており、1日の寒暖差が大きい大陸性気候です。後半部分(トルコ、中欧)は、地中海性気候と大陸性気候の場所を移動しますので雨に降られることもあります。しかし最近は世界規模で異常気象が続いています。2013年春は、その影響で砂漠地帯の中央アジアやイランのシラーズでも雨に見舞われました。天気はまさに天任せであることを、予めご承知おき下さい。

●服装について

旅行期間が長期にわたるため、途中で季節も変わります。すべての気候に対応する準備が必要です。服装は、活動的で身軽なもの、普段着慣れているラフなもの、気温に合わせてこまめに着脱できるものをおすすめします。例えば長袖のシャツにカーディガンやフリースなどを重ね着すると便利です。連泊が多いので4組くらいの服を交互に着て、こまめに洗濯するかクリーニング(かなり安い)に出せば少量の服をお持ちになるだけで十分です。また、埃よけ、風よけに、ウィンドブレーカー、寒さよけにライト・ダウンジャケットを用意し、冬着を多めにお持ち下さい。ヨーロッパでも正装の必要はありません。足元も掃きなれたスニーカーなどをおすすめします。イランでは、宗教上の理由から、女性は肌を露出しない服装、スカーフの着用が義務づけられています。

●荷物について

託送( 預ける)荷物(23kgまで)は鍵がかかり、タイヤのしっかりしたスーツケースをご用意ください。国境を越える際や一部ホテルでは、ポーターがいないためお客様ご自身で荷物を運搬していただくことがあります。しかしそれも旅のひとつと考えれば、荷物も軽く感じます。詳細な携行品の案内は、事前にお渡しする「旅のしおり」をご参照ください。

●ホテルについて

利用予定ホテルでは、4星と5星(現地評価)クラスが大半、3星クラスが3箇所程度となります。3星クラスのホテルでは、設備が簡素で、ご満足いただけない場合がありますが、他に選択の余地が無い地域ですので予めご了承ください。またお部屋にバスタブの設備がなく、シャワーのみの場合があります。

●食事について

食事は中華料理に始まり羊肉、ナン(パンの一種)を中心にしたイスラム料理、トルコ料理、ギリシャ料理、イタリア料理まで、多種多様な食事内容です。移動中の昼食は現地の食堂、夕食は基本的にホテルでとります。全体的に油を多用した肉料理が多いため、馴染めない方は、若干の日本食を持参されるといいでしょう。中国からトルコまでは、添乗員とガイドが打ち合わせをして、可能な限りお客様の好みに合わせたメニューに調整していきます。イランでは、国内への酒類の持ち込み、飲酒は法律で禁じられていますので、注意が必要です。お水は、1日1本無料で提供いたします。

●バスについて

バスは基本的に国ごとに変わります。座席は、極力公平化を図るため、毎日席を交代しています。また、お1人につき2席を確保するようにいたしますが、一部地域につきましては、2人掛けの席を2人でご利用いただく場合もありますので、予めご了承ください。なお、バスの車内は基本的に禁煙・禁酒とさせていただきます。移動距離・日程が長いため、バスの旅はハードに思えます。しかし座っていれば目的に着くバスの旅は、「飛行機で点と点を移動する旅より楽だ」と言うのが、お客様の感想です。

●携行金について

携行金は、日本円、米ドル、ユーロの現金をおすすめします。飲み物代、クリーニング代、枕銭、現地で購入されるおみやげなどの費用は、個人負担となります。

●出入国手続きについて

国境における出入国手続きは、まず出国検査(税関・出国管理)、国境間を移動後、入国検査(入国管理・税関)を受けます。ヨーロッパに入るまでの国境手続きでは、国境通過に2〜3時間掛かる場合がありますので、予めご了承ください。しかし陸路の国境がない日本人にとっては、大陸の国を理解する上で、いい経験となるでしょう。

●治安について

2017年10月1日現在、今回訪れるルートでは、中国・新疆ウィグル自治区、キルギス、カザフスタン、ウズベキスタン、トルクメニスタン、イラン、トルコ東部、イスタンブール、クロアチア(一部)に対し外務省の渡航(危険)情報で「十分注意してください」が発出されています。弊社では、ご旅行の全ルートについて、現地に現時点での安全を確認しています。今後も引き続き現地の治安状況の把握に努めますが、治安状況の悪化など現地事情により、ルートや宿泊都市の変更が生じる場合もありますので、予めご了承ください。また、ご旅行中、軍による検閲、セキュリティ・チェックを受けることもありますので、あわせてご承知おきください。

●旅行保険加入へのおすすめ

ご旅行中の病気、事故、盗難などに備えて、海外旅行傷害保険に加入されることをおすすめします。保険に加入されていますと、海外での日本語による緊急時のご相談など、保険会社による便利な安心のためのサービスも受けられます。(例:ジェイアイ傷害火災保険の「Jiデスク」など。)

デジタルパンフレットはこちら
お申込み・お問合せ

資料請求・旅行説明会・お問合せ

旅行パンフレット・デジタルパンフレットをご覧いただけます。
パンフレットのご請求もこちらから»

旅行説明会お申込み

当サイトの使い方

お申込みの流れ・お支払方法

ツアー番号で検索

新聞・テレビ等に掲載された商品をツアー番号から検索できます。

ページトップへ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB