地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

ロイヤルロード銀座

夢の休日コンシェルジュおすすめ情報

2017年4月4日

夢の休日コンシェルジュおすすめ情報
チェコが生んだ巨匠アルソンス・ミュシャの大作≪スラヴ叙事詩≫日本上陸!


ブルタバ川からのプラハ城とカレル橋の景観(イメージ)

桜前線の進行が想定より若干遅れているようで、4月に入りようやく各地で満開の便りが聞かれるようになりました。花粉症の方にはまだまだ辛いシーズンになりますが、お花見がてら出かけるにはとても良い季節になってきました。

今週は春のお出かけ先のおすすめをひとつご紹介します。それは東京・六本木の「国立新美術館」です!
先月3月8日(水)から6月5日(月)まで、「ミュシャ展」(主催:国立新美術館、NHK、NHKプロモーション、朝日新聞社ほか)が開催されています。今年2017年は日本とチェコが国交を回復してから記念すべき60周年を迎える年にあたります。

ミュシャ(チェコ語発ではムハ)のアール・ヌー ヴォーを代表するチェコ出身の偉大な画家で、今回のミュシャ展では彼の集大成「スラヴ叙事詩」をはじめとした貴重な作品を鑑賞できます。
彼は1860年、南モラヴィア地方の中心都市ブルノの近郊で生まれ、その幼少期から青年期を緑豊かなこの地方で過ごしました。この南モラヴィア地方は今では 7 つのユネスコ世界遺産を有し、ワインの名産地としても名高く、彼 の作風形成に強い影響を与えたとされています。


南モラヴィアの名産ワイン(イメージ)

チェコ名産ピルゼンビール(イメージ)

ミュシャが歩き、味わい、そして影響を受けた場所は徐々に日本のツアーでも組み込まれるようになってきました。
ミュシャはウィーンやミュンヘンを経て、27歳でパリに渡り絵を学びました。なかなか才能を発揮する機会に恵まれなかったのですが、34歳の時に女優サラ・ベルナール主演の舞台「ジスモンダ」のポスターを手がけることになり、一夜にして成功をおさめます。以降、優美で装飾的な作風は多くの人を魅了し、時代の寵児として活躍しました。美しい女性像や流麗な植物文様など、華やかで洗練されたポスターや装飾パネルを手がける一方で、故郷チェコや自身のルーツであるスラヴ民族のアイデンティティをテーマにした作品を数多く描きました。その集大成が、50歳で故郷に戻り、晩年の約16年間を捧げた画家渾身の作品《スラヴ叙事詩》(1912-1926年)です。およそ縦6メートル、横8メートルにも及ぶ巨大なカンヴァスに描かれた20点の油彩画は、古代から近代に至るスラヴ民族の苦難と栄光の歴史を映し出す壮大なスペクタクルであると言えます。


世界遺産レドニツェ城(イメージ)

世界遺産トゥーゲンハット邸/ブルノ(イメージ)

世界遺産ヴァルチツェ城(イメージ)

ピルゼン大聖堂(イメージ)

今回の「ミュシャ展」はこの《スラヴ叙事詩》をチェコ国外では世界で初めて、全20点まとめて公開しています。プラハ市のために描かれた《スラヴ叙事詩》は、1960年代以降、モラヴィアのお城で夏期のみ公開されてはいたものの、ほとんど人の目に触れることはありませんでした。
その幻の傑作が、80年以上の時を経て2012年5月、プラハ国立美術館ヴェレトゥルジュニー宮殿(見本市宮殿)にて全作品が公開されていますが、国立新美術館では、パリで活躍したミュシャが《スラヴ叙事詩》を描くに至るまでの足跡を約80点の作品を通じて辿りつつ、これら幻の最高傑作の全貌を一挙、紹介しています。


旧市街広場/プラハ(イメージ)

プラハ城内 黄金の小路(イメージ)

プラハ市街(イメージ)

カレル橋(イメージ)
 『国立新美術館開館10周年 チェコ文化年事業 ミュシャ展』

会期:2017年3月8日(水)〜2017年6月5日(月)
会場:国立新美術館 企画展示室 2E
休館日:
開館時間: 
毎週火曜日 ※ただし、5月2日(火)は開館
10:00〜18:00、金曜日は20:00まで
4月29日(土)〜5月7日(日)は20:00 まで
※入場は閉館の30分前まで
 

夢の休日 チェコを訪れるおすすめツアー

  • 高速鉄道でめぐる美しき中欧の古都 3都市周遊
    ブダペスト・ウィーン・プラハ 9日間

    ・・・中欧の3大都市ブダペスト、ウィーン、プラハにそれぞれ連泊する中欧の旅。都市間の移動は高速鉄道のレイルジェット(1等車)を指定。最終地プラハ3連泊で、世界遺産の街並みをトラムをチャーターして巡ります。

  • 日本航空チャーター往復直行便 高速鉄道でめぐる中欧・珠玉の世界遺産
    ブダペスト・プラハとブルノ・南モラヴィア 9日間

    ・・・8/11(金/山の日)限定企画。往路成田〜ブダペスト、復路プラハ〜成田の直行便利用。ミュシャの故郷南モラヴィアのブルノ連泊を含め、高速鉄道でブダペスト、プラハを訪れます。ミュシャの世界にも触れるチャンスです。

夢の休日コンシェルジュおすすめ情報

ロイヤルロード銀座 おすすめ特集

話題の鉄道・観光列車の旅 ラグジュアリーバスで巡る夢の休日 NEXT 新しい旅のカタチ [GOLF観戦&プレイ]2018年マスターズ・トーナメント観戦の旅 お取扱中! 特別企画

パンフレットラインナップ

夢の休日(海外)パンフレット

【NEW!】ファーストクラス・ビジネスクラスの旅

おすすめツアー

ワインの名醸地ヤラバレーとオーストラリアの大自然への旅メルボルンとブルーマウンテンズ 8日間【12月:出発決定】
「夢の休日」特別企画料理評論家 山本益博氏と旅する シンガポールの食を楽しむ旅 5日間【1/17発限定:出発決定】
至福の宮殿「ラ・マムーニア」に泊まる遥かなる幻想の国モロッコ 9日間【12月:出発決定】

人気のキーワード

夢の休日デスクに問合せ(申込メール)

旅行パンフレット請求(資料請求・無料)

サイトの使い方・お申込みの流れ

ページトップへ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB