地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

ロイヤルロード銀座

夢の休日コンシェルジュおすすめ情報

2017年7月25日

夢の休日コンシェルジュおすすめ情報
ドブロブニクだけではない、実は大自然の宝庫 ― 激動の歴史をくぐり抜けてきたクロアチア



ドブロブニク旧市街(イメージ)

ユーゴスラビアという国を覚えていますか?
かつてバルカン半島に存在した、南スラブ人を中心に成立していた国です。1929年から2003年まで存在し、元々は1918年にセルビア人、クロアチア人、スロベニア人王国が集って建国されたことに始まりました。
当時の首都はベオグラード(今のセルビア共和国)に置かれ、1945年からは社会主義体勢が確立、「ユーゴスラビア連邦人民共和国」として存在していました‘欧州の火薬庫’とも呼ばれたバルカン半島に位置し、多民族国家という複雑な事情から、当時は『7つの国境を持ち、6つの共和国から成り、5つの民族で、4つの言を話し、3つの宗教、2つの文字を扱い、それでも1つの国家』と形容されていました。
1990頃から国内が内線状態となって、その後解体・・・91年に独立国家となったクロアチアは首都をザグレブに置き、北にハンガリー、東にボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビアと国境を接し、南は紺碧のアドリア海。その対岸にはイタリアが横たわっています。


スルジ山頂からのドブロブニク旧市街(イメージ)

ドブロブニク旧市街とロクルム島(イメージ)


ザグレブの聖マルコ教会(イメージ)

概ね南北に長いクロアチアですが、アドリア海に面した海岸線に古き良き街並みが点在していて、古くから海洋交易の要衝として栄えてきました。人気のドブロブニクもその一つで、旧市街は1979年に世界遺産登録されました。‘アドリア海の真珠’とも謳われる城壁に囲まれた町並みが世界中の観光客を集めていて、多くの大型クルーズ船も寄港する一大観光地になっています。中世から海洋貿易によって栄え、中世には共に5つの海洋共和国に数えられてもいました。
1991年の内戦時にはセルビア・モンテネグロ勢力によって数カ月間包囲され砲撃による重大な損害を蒙った結果、一時期は世界遺産リストからの除外の危機にさらされました。今は修復も完全に終了し、一年を通して穏やかな観光地の一面を見せています。
城壁内の散策をはじめ、ロープウェイに乗ってアドリア海を一望するも良し。港から観光船で目の前に浮かぶロクルム島へのクルーズも人気を呼んでいます。そしてドブロブニクと並んで世界遺産で人気を呼んでいるのがプリトヴィッツェ湖群国立公園です。首都ザグレブから南へ約110km。エメラルドグリーンに輝く大小16の湖、92の滝に囲まれ、絶景を求めて遊歩道を行き交う観光客が絶えず訪れています。約200m²の広大な面積が森林に覆われ野生の動物も多く生息するこの大自然の芸術はクロアチアもうひとつの必見の場所と言えます。


プリトヴィッツェ国立公園(イメージ)

プリトヴィッツェ国立公園(イメージ)

日本からは毎年夏限定でチャーター直行便が設定されるクロアチア。通常は乗継ぎでないと行かれないちょっと遠い国。それでも今年もかなり人気は集中しています。
冬場はやや天候が不安定になりますので春〜夏〜秋をお薦めします。暑いのが苦手!という方は真夏の時期をずらして、9月、10月の秋を狙ってみてはいかがでしょうか・・・

クロアチアへのおすすめコース

夢の休日コンシェルジュおすすめ情報

ロイヤルロード銀座 おすすめ特集

話題の鉄道・観光列車の旅 ラグジュアリーバスで巡る夢の休日 NEXT 新しい旅のカタチ [GOLF観戦&プレイ]2018年マスターズ・トーナメント観戦の旅 お取扱中! 特別企画

パンフレットラインナップ

夢の休日(海外)パンフレット

【NEW!】ファーストクラス・ビジネスクラスの旅

おすすめツアー

ワインの名醸地ヤラバレーとオーストラリアの大自然への旅メルボルンとブルーマウンテンズ 8日間【12月:出発決定】
「夢の休日」特別企画料理評論家 山本益博氏と旅する シンガポールの食を楽しむ旅 5日間【1/17発限定:出発決定】
至福の宮殿「ラ・マムーニア」に泊まる遥かなる幻想の国モロッコ 9日間【12月:出発決定】

人気のキーワード

夢の休日デスクに問合せ(申込メール)

旅行パンフレット請求(資料請求・無料)

サイトの使い方・お申込みの流れ

ページトップへ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB